2011年07月17日

今日の読書−国家は破綻する

国家は破綻する
国家は破綻する

4つ星

『This Time Is Different』の邦訳です。邦訳のタイトルには違和感を持ちましたが、日本語訳に違和感はありませんでした。

国家的な債務危機や金融危機は以前から起こっており、今回のリーマンショックやギリシア危機も以前とは変わらないものであるということが膨大なデータを検証することで実証しようとしています。

良書であるとは思いますが、リーマンショックが「今回は違う」とは直感的に感じていない人で時間のない人は読む必要はありません。リーマンショックが「今回は違う」と考えている人は読むべき書籍です。
posted by はくしん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍関連

2011年07月06日

今日の読書−高橋教授の経済超入門

高橋教授の経済超入門
高橋教授の経済超入門

3つ星

『書いてあることは全て正しい』と思って、何も疑問を思わずこの本を読むのはちょっと危険です。どんな本でも『書いてあることは全て正しい』と思って読むのはよくありませんが、この本は特に注意が必要です。

そうは言っても読む価値がないわけではありません。乗数効果やGDPギャップという言葉がわからない方にはお薦めですが、『書いてあることは全て正しい』と思って読むことだけは避けるべきです。
posted by はくしん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍関連

2011年07月05日

中小企業白書(2011年版)がようやく閣議決定

中小企業白書(2011年版)が7月1日にようやく閣議決定されました。

中小企業白書(2011年版)の発表について(中小企業庁)

震災の影響で今年は大幅に遅れていましたが、ようやく出ました。

タイトルが『〜震災からの復興と成長制約の克服〜』となっており、震災の影響が色濃く反映されています。

この短期間でここまで震災について白書に反映されているのを見ると、中小企業白書の編集を担当された方に敬意を表したいです。
posted by はくしん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士関連

2011年07月04日

セ・リーグは危機感を持って欲しい

今シーズンの交流戦も相も変わらずパ・リーグ優位で終わりました。

今シーズンを観ても、パ・リーグに比べてセ・リーグのいろいろな意味での低レベル度は解消していないように思います。セ・リーグの各球団にはもっと危機感を持って欲しいと思います。

3月22日にツイートしたことを掲載しますが、今シーズンも何も変わっていないように感じます。



現状ではパ・リーグとセ・リーグは同列ではなく、パ・リーグの方が格上だと思います。

(1)交流戦の結果を見ればわかりますが、常にパ・リーグの方が上位です。昨年の成績は特にそれが顕著でした。パ・リーグが1部リーグでセ・リーグが2部リーグと言われても仕方がない状況です。

(2)WBCで先発させたい投手を考えるとダル、岩隅、田中、杉内、和田、涌井とパ・リーグの投手しか浮かびません。広島の前田はまだ1年しか活躍していませんので、複数年安定して活躍している中には遠く及びません。


(3)ここ数年試合を観戦していて思うのですが、パ・リーグの試合の方がセ・リーグの試合に比べて格段に面白いです。どう面白いのかがうまく言葉で表現できませんが、試合を見比べれば普通にわかると思います。

(4)地域密着についてもパ・リーグの方が圧倒的に先進的です。セ・リーグはもっと危機感を持つべきだと思います。
posted by はくしん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他