2011年09月28日

『トラフィック』と『トラヒック』

UQ WiMAX の大規模なネットワーク障害のニュースの中に『トラヒック』という語句があり、「『トラヒック』じゃなくて『トラフィック』じゃないの?」などと、ちょっとした話題になっています。

設備に内在するバグが起因……UQ WiMAX、大規模ネットワーク障害の経緯を公表(RBB TODAY)

通信業界で回線使用量のことを『トラフィック』とは言わずに『トラヒック』と言い、『トラヒック』という言葉を当たり前のように使っています。

『トラヒック』の英語表記は traffic で、世間一般で使われている『トラフィック』と同じ単語です。

通信業界に縁遠い人からすれば、世間一般で『トラフィック』という言葉が使われているので、『トラヒック』という言葉に違和感があるのは当然だと思います。

同じようなものとして、FTPを『エフティーピー』とは言わずに『エフテーピー』と言います。

Tのことを『ティー』ではなくて『テー』と言うのも業界ではよくあることですが、世間一般では違和感があるかもしれません。
posted by はくしん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年09月25日

宅急便・クロネコメール便『信書』送付は法令違反

最近、宅急便・クロネコメール便の取り扱いがたいへん厳しくなっています。

埼玉県の女性職員が『信書』に該当する文書をヤマト運輸のメール便サービスを利用したとして、埼玉県と女性職員、法人としてのヤマト運輸と男性従業員2人が今年3月に書類送検されたためです。

埼玉県とヤマトを書類送検 県警、郵便法違反容疑(MSN産経)

これを受けてヤマト運輸はHPに「信書に関する重要なお知らせ」を掲載して注意喚起をしています。

信書に関する重要なお知らせ(ヤマト運輸)

そこで、何が『信書』に該当するのかが問題となります。総務省のHPには『信書』のガイドラインが掲載されています。

信書のガイドライン(総務省)

また、日本郵便のHPにも『信書』に該当するものが掲載されています。

信書に該当するものを教えてください(日本郵便)

ビジネスで注意しなければいけないのは、請求書・納品書・領収書・見積書・契約書等の請求書の類、営業日報・月報等報告書の類などは『信書』に該当するため、宅急便やクロネコメール便を利用することは法令違反になるということです。

また日常生活においても、結婚式等の招待状、免許証・表彰状等の許可書の類、印鑑証明書、納税証明書、健康保険証等の証明書の類なども『信書』に該当するため、宅急便やクロネコメール便を利用することは法令違反になります。

このような法律が存在することに違和感を持ちますが、書類送検をされる事例もあるため注意が必要です。
posted by はくしん at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年09月23日

光よりも速いニュートリノのニュースで懐疑的意見も

名古屋大学などの研究グループが光よりも速いニュートリノを観測したということで、事実であれば相対性理論と矛盾が生じ現代物理学の根底がくつがえるために波紋が生じています。

光より速いニュートリノ 国際研究で観測 相対論と矛盾(asahi.com)
根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ(YOMIURI ONLINE)
ニュートリノ 「光より速い」 相対性理論覆す測定結果(日本経済新聞)

これに対して懐疑的な意見もあります。例えば、東京工業大学の河合誠之教授は、遅延が違うケーブルが間違って使われたいた等のミスについて指摘をして、信じる気にはならないという感想をTwitterで述べています。
posted by はくしん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他