2007年05月22日

Oracle備忘録


Oracle9iがWindowsXP SP2にインストールされていると、外部から接続できなくなります。(WindowsXP SP1では外部から接続できます。)

外部から接続するためには以下のことを行う必要があります。


1.サーバ側でポート番号1521をブロックしないようにします。

 [コントロールパネル]−[Windows ファイアウォールの設定]−[例外]で、ポート番号1521を追加します。このとき、[コントロールパネル]−[Windows ファイアウォールの設定]−[全般]で、「例外を許可しない」のチェックをはずしてください。


2.サーバ側にレジストリを変更します。

 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\HOME0] に

USE_SHARED_SOCKET=TRUE

を追加します。これによって、サーバの通信ポートを共有できるようになります。


3.クライアント側のtnsnames.oraを変更します。

  (CONNECT_DATA =
   (SERVER = DEDICATED)
  )

これによってSERVERを専用サーバにします。


以上を行って、外部から接続できるようになりました。

posted by はくしん at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4083590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フラッシュバックデータベースを実行する
Excerpt: 【目次(記事一覧)へ】 フラッシュバックデータベースは、データベースを過去のある時点まで素早く巻き戻すことができます。 これにより、操作ミスなどの論理的な障害を復旧させることができます。 ..
Weblog: サクサクIT
Tracked: 2009-11-05 14:13

きくスキルを研修で教える場合
Excerpt: こんにちは、情熱のコールセンタートレーナーこと、藤木健です。今週は、私藤木が担当致します。
Weblog: 「きく」を究めよう!広場●きくスキル研究会
Tracked: 2010-09-20 15:24