2012年12月30日

エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10(2012年)


エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10(2012年)



本日の日本経済新聞朝刊の読書面に「エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10」が掲載されていました。昨年の12月から今年の11月の期間に刊行された中で、日本人エコノミストら11人が選んだお薦めの経済図書ベスト10が紹介されています。メモ書きのためにここに残しておきます。

1.法と経済で読みとく 雇用の世界
2.さっさと不況を終わらせろ
3.戦前期日本の金融システム
4.「失われた20年」と日本経済
5.国債危機と金融市場
6.タックスヘイブンの闇
7.「Gゼロ」後の世界
8.世界を救う処方箋
9.ケインズかハイエクか
10.高品質日本の起源

(引用:日本経済新聞朝刊 2012年12月30日 19ページ 読書面)

posted by はくしん at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61128695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック